close

お問い合わせ メルマガ登録

温室・ビニールハウス・採光建築のトップメーカー

menu

千葉植物工場実証・展示・研修農場 栽培日誌

2016/12/21

Vol.11

 12月に入り日中最高外気温が10度以下になる日が増えてきています。一日の目的とするハウス内気温にするために、天窓や暖房機、カーテン等を利用してハウス内気温と相対湿度の調整を行いますが、そのことは栽培管理をする上で、栄養成長と生殖成長のバランスを図る目的も含まれています。そのバランスの指標となるのが、節間、花梗の長さと傾き、花数、着果速度等です。栄養成長と生殖成長のバランスを図った管理することで収量アップに繋がります。そのためには、常に観察を行うことや変化に気づき、迅速に対応できることが必要となります。

栽培状況(12月16日現在)

20161221_chiba_01.png

千葉植物工場実証・展示・研修農場 栽培日誌 一覧へ戻る

ページトップへ戻る