close

お問い合わせ

温室・ビニールハウス・採光建築のトップメーカー

menu

千葉植物工場実証・展示・研修農場 栽培日誌

2017/05/01

Vol.14

 4月は、日中の気温が急に高くなった日があったかと思えば、夜間の気温が10度を下回る日があったりと、気温の変化が激しいと感じます。気温の変化が激しいと人間も体調を崩しがちになりますが、それは植物も同様です。その中で、植物の蒸散には気孔を利用しますが、気孔の開閉も気温や相対湿度、日射量、風速の変化に影響を受けます。そのため通常は極力ハウス内の環境は急激な変化がないようにしなければなりません。そのためには、日頃から観察をし、ハウス内の環境の変化に気づくことが重要です。これには経験も必要となりますが、気温や相対湿度、日射量といった基本データは記録し考察していくことで経験の蓄積が可能となるので、まずは簡易なセンサーから測定を始めてみると良いのではないでしょうか。今まで気付かなかったことに気付くことができるかもしれません。

4月24日(現在)

20170501_chiba_01.png

千葉植物工場実証・展示・研修農場 栽培日誌 一覧へ戻る

ページトップへ戻る