close

お問い合わせ メルマガ登録

温室・ビニールハウス・採光建築のトップメーカー

menu

千葉植物工場実証・展示・研修農場 栽培日誌

2020/01/06

Vol.22

新年あけましておめでとうございます。皆様よいお年をお迎えでしょうか。千葉研究農場では12月下旬に最後の2区画への定植が無事完了し、農場にトマトが戻って新たな年のスタートとなりました。そろそろ収穫開始ではありますが、作業には少し余裕があり、年末年始は束の間の休息をいただきました。ただ、その間もトマトは成長し、開花し、着果させるには処理が必要になります。着果処理にはホルモン処理、ブロワー交配などもありますが、千葉研究農場ではクロマルハナバチによる受粉を行っています。ハチたちは人が休んでいる間でも農場を飛び回り、せっせと受粉をしてくれています。値段にすれば1匹500円ほどですが、結実もよく、大切な着果をしっかり助けてくれる働き者たちです。

年も変わりまた新たな気持ちで農場の状況などお伝えしていきたいと思います。どうぞ本年もよろしくお願い致します。

20200106_chiba_01.png

千葉植物工場実証・展示・研修農場 栽培日誌 一覧へ戻る

ページトップへ戻る