close

お問い合わせ メルマガ登録

温室・ビニールハウス・採光建築のトップメーカー

menu

西三河研究農場 栽培日誌

2016/06/02

Vol.4

 5月27日(金)をもって今シーズンの収穫を終了しました。昨年10月下旬から収穫を開始し、5月下旬までの7か月続いた収穫作業が終わるとなると感慨深いものがあります。

 これからは来シーズンに向けての準備が始まります。先月に本圃へと移動させた親株からは順調にランナーが出ており、7月初めに親株からランナーを切り離す予定です。収穫を終了した株の片付けも開始し、きれいさっぱり片付くとすっきりした気持ちになります。

 日中の外気温が大分高くなってきたこともあり、ハウス内の温度も以前に比べて高くなりました。西三河の農場では天気がいいと8時台で30℃を超えることもあるので、作物にとっても作業者にとっても良い環境とは言えません。天窓、側窓、カーテン、換気扇を上手く利用して、ハウス内の温度を出来る限り下げるようにしています。

20160602_mikawa_01.png

収穫終了時の本圃の様子

20160602_mikawa_02.png

親株からランナーが出ている様子

西三河研究農場 栽培日誌 一覧へ戻る

ページトップへ戻る