close

お問い合わせ

温室・ビニールハウス・採光建築のトップメーカー

menu

採光建築 Q&A

トップライトについて

トップライトは日射しが入ることにより室内が暑くなるイメージ(特に夏場)がありますがその対策は?
被覆材となる硝子をペア硝子にしたり熱線反射硝子及び断熱フィルムを取り入れる等の方法と室内側に日除けルーバーを併設設置する事で緩和されると思います。
豪雪地帯でも、トップライトって付けられますか?
不可能ではありませんが、設置にはかなり注意が必要です。結露水が外に排水される仕組みがありますが、雪で覆われると常に水に浸かった状態となり、この仕組みが働かない可能性がありますので、あまりお勧めは出来ません
紫外線で家具や絨毯が色あせたりしませんか?
遮熱・断熱Low-eペアガラスの使用をお勧めします。室内の壁、カーペットや家具類などの色あせを軽減します。
ガラスフィルムを貼ると室内が暗くならないですか?
商品にもよりますが、ほとんどの商品では施工後、室内が暗くなるという印象はあまりありません。少し色のついているタイプでも施工後はフィルムを貼っているか肉眼では判らない場合も多いです。
ガラスフィルムは冬でも省エネ効果はありますか?
ガラスのみに比べ熱貫流率も向上するので、ガラスを伝わって流出する熱も減少できます。よって、室内の温かい空気を逃がしにくくなりますので暖房負荷を軽減します。
ガラスフィルムで窓ガラス結露は防止できますか?
ガラスフィルムでは、結露は防止できないのが現状です。ペアガラスの対応をお勧めします。
アルミフレームにはどのような仕上げと色がありますか?
大仙標準カラーとして高耐候艶消し電着塗装(二次電解着色複合被膜)を採用しております。全8色ございます。ご要望に応じて、標準カラー以外の近似色、焼付塗装仕上げ、フッ素樹脂、ウレタン樹脂、アクリル樹脂等、あらゆる仕上げにも対応可能です。ご相談ください。
雨漏り対策はされていますか?
ガラスのシール切れなどにより、トップライト内に多少の雨水が浸入してもフレーム内を通り外に排出される仕組みになっています。
30分耐火はどういった考え方ですか?
H12建設省告示第1399号に明記される、「鉄材で補強されたガラスブロック若しくは網入りガラスで造られたもの」という指針に基づき、アルミフレーム枠内に鉄材を設けることにより、30分耐火の屋根に対応しております。
太陽光発電パネルの組み込みは可能ですか?
可能です。太陽光モジュールをトップライト専用枠に組み込むことで、自由なモジュール配置に加え、耐風圧性や水密性を向上し、コネクターや配線等を保護します。発電シミュレーションからモジュール配列の設計をはじめ、取付設置までトータルの対応が可能です。
ガラスは何mmまで入れられますか?
様々なガラスの仕様に対応できるよう、部材のバリエーションをそろえています。ご相談ください。
トップライトの勾配はどれ位が望ましいですか?
室内側ガラス面に発生した結露水を処理することを考えた場合、30度以上の勾配が望ましいと考えます。
トップライトのメンテナンスはどのようにすればいいですか?
FIXタイプのトップライトは採光部分のクリーニングをすることで機能は回復できます。 排煙窓など可動するものは、ワイヤーや滑車、ゴムなどが消耗品となり、必要時に開かない事を防ぐため、定期的なメンテナンスが必要となります。トップライトの設置場所や規模によってはメンテナンス設備が別途必要になる場合があります。
どんなトップライトに対応できますか?
私共はオーダー専門のトップライト総合メーカーです。自社にて設計、製作、施工まで一貫した管理体制の元に、さまざまなご要望に応じることができます。自社にて取り扱っている農業用温室製品、エクステリア製品を含めて、 ご予算に応じながら、ベストなご提案をさせていただきます。

ページトップへ戻る