お問い合わせ

VOICE先輩社員紹介

MY WORK
MY STYLE

大仙を創る、大仙で育つ。

これからの大仙を支える若くて多彩な人材たちの働く姿をご紹介します。

CROSS TALK

大仙の未来を担う、入社2~4年目の先輩たちが語る
実際に入社して分かった大仙の魅力と現実

Q1
皆さん、入社のきっかけは?

  • 青木

    私は転職なんですけど、以前からインテリアに興味があって、さらにデザインソフト(イラストレーター)が使えたのでそれを活かしたいなと思って。
    でも一番の決め手は、家から近くて歩いて通えるってことかな。

  • 加藤

    私は実家が農業関係の仕事をしていて、自分が大学で建築を勉強していたので、それを掛け合わせる仕事はないかなって探していて、この会社に出会いました。それまで、建物全体の勉強をしていたのですが、会社説明会でトップライトという特化したものを知って、さらに興味がわきました。

  • 住友

    じつは家に大仙からのDMが届いて、その中身は水産事業を立ち上げるような内容だったんです。私は大学で水産の勉強をしていたので、それに関わる仕事がいいなと思っていたんですが、ホームページを見てもどこにもそんな情報がなくて・・・。で、そのまま面接を受けたんですが、担当の方にすごく夢を語っていただいて。それに共感して入社したという感じです。

  • 村川

    僕も家に封筒が届いて、大仙というメーカーを知りました。大学では土木関連だったんですが、就職では建築系を志望しており、面接を受けたら内定を出していただき入社に至ったという感じです。

  • 脇谷

    自分は単純に、10月くらいから就活していて、内定がないところで一番先に内定をもらったのが大仙だったので。(笑)

Q2
現在の所属と印象に残っている
仕事を教えてください。

  • 瀬口

    今は統轄事業の電算という部署にいます。もともとはインテリアとかに興味あったんですが、入社してみたらまさかの展開。しかもまったくの未経験で。
    で、ノー残業デーにパソコンのシャットダウンを頼まれたのですが、一緒にサーバーまでシャットダウンしてしまい、上司の方に名古屋まで行ってもらって復旧してもらうことに。後で失敗をわかりやすく図で説明していただきました。自分も誰かに教えることがあれば、そうしたいなって思ったのが印象に残ってます。

  • 脇谷

    自分は温室事業部に所属しています。ここはとにかく何でもやってみろ、的な空気なんですが、入社して半年余りで新築物件、見積もりから建築まで全部自分に任せてもらえることになりました。工事が始まってからは完成までつきっきりで大変でしたが、完成した時の達成感は忘れられません。

  • 青木

    私も新しいブランドの立ち上げを任せてもらったことがとても印象に残ってます。リサーチから始まって、イメージをゼロから作りあげ、最初はあまり伝わらなかったものが、徐々に取り扱いの棚を広げていただいたり、インスタで取り上げてもらったり。ブランディングは大変なんだなと。

  • 加藤

    最初に任せられてやり遂げた仕事は、やっぱり印象に残ってます。

  • 住友

    私は特販部にいるのですが、営業の方が外回りで活用する提案用のチラシつくりを任せてもらって、そこから営業として求められるものが何かがわかったということがありました。

  • 金子

    私も広報用の社外報「ランナー」を担当して、多くの方に助けていただいて配信することが出来ました。

Q3
この会社で若手が活躍できると
思うことをひと言で。

  • 瀬口

    組織が大きくない分、いい意味で人手不足なので経験がなくても大きな仕事もできること。

  • 青木

    先輩のアドバイスがしっかりしていて、フォローもしてくれる。

  • 脇谷

    やりたいことをやらせてくれる。

  • 金子

    上司が意見を聞いてくれるので、若手でも意見を言いやすい雰囲気がある。

  • 加藤

    早い段階から、まかせてくれる。

  • 住友

    (若手に限らず)積極的に意見を求められる。

  • 村川

    若手は体力がある分活躍できるかな。

Q4
今後、目指していきたいこと
(キャリア・志望など)

  • 脇谷

    まずは温室建築で、見積もりから施工までの営業をひとりでミスなくできるようになることですかね。今はまだ、スケジュール管理が予定通り進まなかったり、足りないものがあったりするのもしょっちゅうですから。(村川さん同感)

  • 金子

    私も、今は先輩や上司と一緒にやっているけれど、一人でやれるようになることかな。

  • 加藤

    私はそれに加えて建築士の資格を取りたいと思ってます。

  • 瀬口

    そうですね、私も3年目までに国家資格を取りたいと思いますが、もっと先を考えると、女性なので出産や子育ても視野に入れて、在宅でできる部署でもあるので、早くひとり立ちしたいなと思います。

  • 住友

    確かに女性ってライフイベント(出産・子育て等)にキャリアが影響されやすいので営業でも内勤型でやっていける、いわばインサイドセールスのモデルケースを目指していきたいなと思ってます。社内で見込み客にメールでアポを取り、実際の訪問はフィールドの担当者に任せるなど、いろんな働き方を目指していきたいです。

  • 青木

    私はデジタル化する時代の中で、額縁の売り上げを伸ばす商品づくりができるようになりたいです。

Q5
正直、この会社は働きやすい?

  • 瀬口

    私は、基本定時で帰れるところがうれしいかな。

  • 脇谷

    僕もそう思います、ただ、予定通りになることは少ないですけど。(笑)

  • 青木

    私の場合、上司が有休をとりやすくしてくれてるのがありがたいです。
    あと徒歩で通えるところも。

  • 金子

    私も家が近くて、通いやすさ抜群です!

Q6
最後に、就活中の学生さんへ
ひと言アドバイスを。

  • 脇谷

    なかなか自分の明確な目標を持つことは難しいと思いますが、仕事として続けていくなら、少しでも興味があることは大事。そういったものがあれば検討してみるとよいと思う。

  • 住友

    学生の時って「どんな仕事?」ばかり気になるんだけれど、「どんな生活がしたい?」という視点で仕事を見つけることもありだと思う。

  • 瀬口

    そう、入ったあとの自分の姿を感じ取って、自分に合った会社を選んでみるのもいいかも。特に中にいる人の雰囲気を感じ取って。

  • 金子

    私は興味のある分野はもちろんですが、それ以外の分野の会社を探してみるのもいいことだと思います。特に大学時代はいろいろな経験をしてみることでやりたいことが見つかるかもしれないので、どんどん挑戦して楽しむべきかな。

  • 加藤

    今はコロナもあって難しいこともあるかもしれませんが、旅行とか、働きだすとなかなかできないことをやっておいた方が良いと思います。

  • 村川

    そう、社会人になるとどうしても仕事中心になるので、プライベートな時間がとりにくくなります。だから学生のうちにいろんな経験をした方がいいですよ。

募集要項

新卒 中途